優れた加熱式タバコのベポライザー

ベポライザーは電子タバコの一種です

電子タバコと言えば、アイコスやプルームテックを思い浮かべる方も多いです。

これらとの大きな違いは使用するタバコです。

アイコスやプルームテックはタバコの葉をまとめて詰めた物を使用します。

そのため、使用できるタバコの銘柄が決まっているというデメリットがあります。

例えば、アイコスならフィリップモリスのマルボロなどが当てはまります。

タバコのブランドや銘柄に関係無く、葉を詰めて使用できるメリットがベポライザーの魅力です。

どんなタバコでも気に入った物を自分で詰めて使用できるのは、スペーサーが付いているからです。

スペーサーに詰められるタバコの葉の種類に制限はなく、紙巻きタバコだけではなく手巻きタバコの葉も可能です。

今まで吸っていたタバコの味を変える必要がないメリットがあります。

好みのタバコの葉を使えるだけではなく、コストパフォーマンスも優れている特徴があります。

スペーサーに詰めるタバコの葉の量が、普通のタバコの5分の1程度で良いのです。

タバコの葉の密度やスペーサーの大きさにもよりますが、単純にコストが5分の1で済むことになります。

タバコは値上げが予想されるだけに、コストパフォーマンスの良さは喫煙者にとって朗報です。

また、加熱温度を調節できるので、ニコチン量を好みに設定できます。

加熱温度が高いほどニコチン量が増えるので、抑えたい時は温度を下げるだけで調節が可能です。